読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの日常と星屑

日常に恋をしよう

時間は解決してくれない

 

「時間が解決してくれる」

そんな言葉を聞いたことがある人は多いと思う。
使ったことがある人も。

 

もちろん私もそう思っていた。
こじれた人間関係なんかは特に
時間が経てば元に戻るのだと

 

だけど、時間が経って気づいた。

 

時間は何も解決してくれない

 

時間はただ、過ぎるだけなのだ。

解決することもあるかもしれない。
でも
それは時間をかけただけなのだ。
時間だけじゃなく
時間をかけて考え、動いた。

 

もし、何もしてなかったのなら、

ただの錯覚。

そうなったのは相手が動いたのだ

自分が何もしていない間に
相手が考え動いていたのだ。
時間が解決してくれたわけじゃない。
相手が解決してくれた。

そして、誰も何もしなかったなら
時間は過ぎ、人を無関心にさせただけ
解決なんてしてないんだろう。

 

f:id:junna_camera:20161112165805j:plain

 

私は、人間関係がこじれたことがあった。それは、もう1年半も経つ。最初は修復しようとした。嫌だった。だけど、途中から「時間が解決してくれる」周りの言葉もあって、私もそれを信じた。
だけど、違った。
1年半経って気づいた。
時間は解決してくれない。
何も変わることはない。
時間はただ過ぎているだけだった。

 

そして、私はやっと気づいた。
時間は解決なんてしてくれない。間違いを犯したのは私で。それを取り繕うとしたのも私で。解決するのも私なのだ。私が考えることをやめた時にもう、この問題は解決しなかったのだ。私より前に、相手は考えることをやめていたのだから。お互いが考えることのやめた問題は、ずっと解決しない。忘れられることはあっても、問題は一生。

 

f:id:junna_camera:20161112170526j:plain

 

じゃあ、間違いを犯した私は、どうするべきだったのだろう。
それは、簡単だった。

有川浩の作品「空の中」から引用させてもらう。
(高知弁での会話なので見にくいかもしれないです。読み方も少し特殊「間違うた=まちごうた」)

 

「じゃあ、間違ったらどうしたらえいと思う?間違ったら、もうどうしようもないが?」
「ないのう」
そのとき間違ったことはもうどうしようもないわえ、と宮じいは言った。

「間違うたことを正しかったことにしようとしたら、いかんわえ。神様じゃないがやき、あったことをなかったことにはできん。」

じゃあ、間違った瞬はどうすればいいのか。
間違った瞬が救われる方法はないのか。
佳江が唇をかむと、宮じいはゆっくりと続けた。

「間違うたことは間違うたと認めるしかないがよね。辛くても、ああ、自分は間違うたにゃあと思わんとしょうがないがよ。皆、そうして生きよらぁね。人間は間違う生き物やき、それはもうしょうがないがよね。何回も間違うけんど、それはそのたびに間違うたにゃあと思い知るしかないがよ。」

 

自分が間違ったのだと、私は認めなければいけなかったのだ。
なかったことにしようとか、私のせいじゃないとか、そんなこと必要なかった。自分のせいだったのだ。それは100%自分が悪かった。とかじゃない。でも、自分は何%か間違ってしまったのだ。それをきちんと認めるべきだった。

 

私は、間違って人間関係を壊した。それは認めるだけでは解決しない。

 

「間違ったことでー誰かを巻き込んだら、それはどうしたらえいが?」

「そらぁ、謝るしかない」

宮じいはまたあっさり言った。佳江は食い下がる。

「でも、謝っても許してもらえんようなことやったら?」

「それでも謝るしかないわえ」

宮じいの答えは変わらない。
「許してもらえんかったら、それは仕方がないわね。許してもらえんようなことをしたがやと、やっぱりそれも思い知って覚えちょくしかないがよね。」

 

私は、謝らなければいけなかった。
間違いを認め、それに対して、誠実に。
そして、それでもだめだったのなら、私は、その罪を背負うしかない。

謝ってるんだから許してなんて傲慢だ。

許すか、許さないか、なんて謝られた方が決めることだ。間違ってしまった私は、謝るしかなかったのだ。

 

許してもらえないのは、それだけ自分が、大きな間違いを犯してしまったのだ。それを受け止めなければならない。

 


f:id:junna_camera:20161112180659j:plain

だけど、もちろん。間違って許してもらえない。終わり。

なんてことではない。

きちんと認めたなら、背負って、もう同じ間違いを繰り返さないように、生きるのだ。
こじれた、人間関係はもう修復できないかもしれない。
だけど、それで終わりじゃない。

場所はそこだけじゃない。今ある、次にある関係を大切に、切実に生きればいい。

 

 

 

f:id:junna_camera:20161112191704j:plain

 

長くなってしまった上に、何が言いたいのか少し分からなくなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

今日は、時間は解決してくれないのだから、待てばいいってもんじゃないってことを言いたかったです!!

 

また、覗きに来てね。