読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの日常と星屑

日常に恋をしよう

「 ねぇ         」

 

 

「 ねぇ           」

f:id:junna_camera:20170413115509j:plain

 

 

君の笑顔で 目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

もう1年半くらい連絡 とってないのかな。
学生のころはあんなに一緒にいたのに 社会人になった僕は仕事が楽しくて、遠くにいた君に連絡をとる時間さえもが、面倒に思えていた。

だんだん君からの連絡もなくなって、僕らは呆気なく自然消滅

 

 

「都合がいいな」

自分自身に聞かせるために少し大きめに声に出して笑った。

今更、君の夢をみて、君の笑顔を思い出して、もう一度 会いたいなんて思うなんて、どう考えても都合がよすぎる。

 

 

すごく好きだった。

だけど、初めての東京に僕はすっかり浮かれていたんだ。

新卒で入社した今の会社だけど、新規事業部に配属され、自分に酔って君のことちっとも考えることができなかった。

 

 

 

 

 

 

「 ねぇ 」

そのあと君は何を言いたかったんだろう
大好きだった君の笑顔も、その言葉も今ではもう
はっきりと思い出すことができない。

 

 

 

 

*******

 

第2話

junna-camera.hatenablog.com

 

完全にこの写真が好きで物語をつけてみたくなっただけです。
駄文を最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

 

ついでにポチッとしてください


カメラ女子ランキング