わたしの日常と星屑

日常に恋をしよう

10時まで。

 

 

 

 「ごめんなさい。ありがとう」

そう電話を切ると、もう一度メールを確認した。

 

 

****

あなたがが忘れてしまっても - わたしの日常と星屑

続きです()

f:id:junna_camera:20170413115509j:plain

****

 

 

 

 

 

 

 

「10時すぎに神戸につきます。」

 

 

 

 

 

久しぶりに届いた彼からのメール。
たった1行だけ。
冷静を装いたくても、明らかに動揺している私の心臓はうるさい。

 

10時まであと1時間と20分。

 

 

彼は、ここに来るのだろうか。
どこかランチに誘われるのだろうか。
とりあえず支度をしよう。
私の心臓は、まだうるさいままだ。


 

 

あなたと最後にあったのは春だった。
花見がしたくて一緒に行ったのだけど、前日の雨で桜は散ってしまっていた。
あなたは帰ろうと言ったけど、私はあなたとの最後のデートになるって思ったからそれを拒んだ。あなたのことが本当に好きだった。そして、今も、、、

 

 

 

 

 

 

気づけば10時まであと5分。
私の心臓は、ずっとうるさい。

 

 

 

***

 

 

前回のお話の続き

彼女目線でした。

まだもうしばらく続きますので、よろしくお願いします。